1/26(火)に、セミナー『テレビ局 新規事業の可能性』を開催致しました。
お陰様をもちまして、約60名の方にご参加いただくことができました。
参加者の皆様、またパネリストの方々及び会場設営等ご協力をいただきました皆様、ありがとうございました。

 

(参考)1/26(火)に開催したセミナーの詳細情報は以下の通りです。

 

1/26(火)開催
次世代メディア研究所2021年セミナー
『テレビ局 新規事業の可能性 』

<開催日時>  2021年1月26日(火) 16時00分~18時30分
 <会  場> 株式会社ネオマーケティング セミナールーム(渋谷区南平台町16-25 養命酒ビル)
(JR・地下鉄・私鉄渋谷駅から徒歩7分)【ZOOMによるリモート参加も可】
 <パネリスト> 日本テレビ 社長室新規事業部 部長 太田正仁 氏 

MBSメディアホールディングス 百年企画開発局 東京開発部長 吉廣貫一 氏

 <モデレーター> 次世代メディア研究所 代表 鈴木 祐司

 

 

<開催趣旨>

コロナ禍によりテレビ局の広告収入が激減を余儀なくされている。これを補う収入の確保が急務となっているが、日本テレビは社長室新規事業部、毎日放送は百年企画開発局を設けて、従来の放送外収入とは異なる新たな新規事業に挑戦している。

日テレはデジタル分野の連結売上高を3年で1000億円にする目標を掲げた。その為に200億円の戦略的投資枠も新設した。huluなどのネット上の動画展開の他に、mixtaショット・動画を使った教育事業・eスポーツなど従来とは一線を画す新規事業を展開し始めている。

MBSも「異端者であれ」を合言葉に、新規事業に注力している。5G・AI・VR・音声配信・デジタルマーケティング・食・スポーツなどの新規ビジネスに挑戦している。

不動産・通販など、これまでの放送外事業とは別に、放送局の強みを活かした新規事業とは何か。どんな可能性があるのか。両社の取り組みを前提に議論する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

©2014次世代メディア研究所